栃木県足利市の足利総鎮守 八雲神社の復興再建委員会です。

八雲神社の由緒

 

八雲神社について

八雲神社の創建から現在まで

主祭神 素戔嗚男命(すさのおのみこと) 配神 櫛稲田媛命 大己貴命 少彦名命 火具土命

總社八雲神社は、日本武尊命が東征の途次、出雲大社の御祭神を勧請したのが創建と伝えられています。
貞観11年(869年)に清和天皇が東国第一勅願所と定め、京都の八坂神社、愛知の津島神社の三神社に勅願所と定め、疫病退散、国家安泰を祈らせました。
寛仁3年(1019年)後一条天皇は、天王神事に勅使中御門大納言を派遣して以来、毎年例幣使を派遣されました。また下野天王惣社と定め、足利天王八雲榊大社と命名されました。
元禄8年(1695年)に社殿が改築され、牛頭天王を祀る神社として信仰を集めました。
明治10年、渡良瀬の氾濫を避けるため、近くの天神社の境内に遷座し、明治22年に社殿の改築がなされました。
平成元年、天皇御即位記念として10年の歳月を掛け改築されましたが、平成24年12月9日の未明に心ない者の所業により焼失してしまいました。

古来から市民の信仰を集めた神社です

藤原秀郷が平将門追討祈願した他、源頼義・義家が戦勝祈願した神社

八雲神社は藤原秀郷公が、平将門追討祈願をしたほか、源頼義・義家は前九年の役・後三年の役に際し、当社で戦勝を祈願しました。足利氏の祖義国も足利に下向した際に、当社に御太刀を寄進し、足利・梁田両郡六十六郷の総鎮守と定めました。古来歴世城主や市民の信仰を集めた神社です。

名曲「渡良瀬橋」にも歌われています

 

1993年、森高千里さんのヒット曲「渡良瀬橋」の歌詞でも知られ、映画「君に届け」のロケ地にも使われ、周辺の神社敷地の背後には、古来屈指の古墳群や美術館などが存在し公園となっており、四季折々の花木の環境にも恵まれ、多くの人たちに親しまれた人気の観光スポットとなっています。

八雲神社について

主祭神 素戔嗚男命(すさのおのみこと) 配神 櫛稲田媛命 大己貴命 少彦名命 火具土命

牛頭天王をまつる緑町の八雲神社は、古来足利六十六郷の総鎮守と称せられ、歴世市民の信仰を集めてきた神社で、領主もまたよくこれを保護してきました。
神鏡は、直径46cm、厚さ1.8cmをはかるもので、保存良く裏面に由緒が明確に彫刻されています。
それによると、元禄8年(1695)の社殿改築のおり、本殿と拝殿の間から17貫400匁目の古銭が発見されました。
時の領主、本庄因幡守藤原宗資は瑞祥と喜び、古銭を5面の鏡に鋳なおしてこの神社に納めたといいます。
なお、明治10年、渡良瀬川の氾濫を避けるため、社殿を近くの天神社境内に遷座したこの時の社地は現在地より東の位置にありました。